殻のブログ

自分が変化するための「殻」を破るため自分を守るための「殻」を創る

【薬のこと】エチゾラム(デパス)を減らすタイミングは「眠れそう」「不安感が少ない」「中途覚醒が少ない」

f:id:jibunnnokara:20190319204824j:plain


 

 

前回はゾルピデム(マイスリー)をまとめました

次はエチゾラム(デパス)をまとめていきたいと思います 

 

〔基本情報〕

総称名   エチゾラム(デパス)

一般名   ゾルピデム酒石酸塩

製造会社  アステラス製薬

薬効分類    短期間型 ベンゾジアゼピン系 抗不安薬 睡眠薬

見分け方  白色丸いの

作用時間  ピークは3時間20分後、半減期は6時間20分後、中途に効く

 

エチゾラムは後発医薬品(ジェネリック)であるので

なんといっても薬の値段が安い

1錠(0.5mg)で6.3円、自立支援医療制度(1割)だと0.63円である

 

抗不安薬として使う場合は作用時間は短いため

継続した効果を期待している場合は1日3回服用する

不安感が大きいときに頓服として服用することもある

 

 

〔所感〕

ゾルピデム(マイスリー)で寝付けないときがある

そうしたときにエチゾラム(デパス)を服用すると寝付ける気がしている

そのため、わたしは寝る前にゾルピデム(マイスリー)とエチゾラム(デパス)を服用をしている

「眠れそう」「不安感が少ない」「中途覚醒が少ない」ようなときはゾルピデム(マイスリー)のみすることから考えていきたい

 

エチゾラム(デパス)の依存性を考えると、できれば頓服としては使用したくないという思いがある

「お守り」と考えているくらいが良いのかもしれない 

効くときに効いてほしいからだ

 

〔ベンゾジアゼピン系〕

依存性が強い

減薬するときに離脱症状が生じることを覚悟しておく

ベンゾジアゼピン系については悪い情報が多いので調査中...

 

〔副作用〕

エチゾラム(デパス)は睡眠の薬の中でも

次のような副作用があるとされる

  • 眠気
  • めまい
  • ふらつき
  • 倦怠感
  • 脱力感

わたしが感じる副作用は「眠気」「脱力感」である

薬との付き合い方も難しいものだ