殻のブログ

自分が変化するための「殻」を破るため自分を守るための「殻」を創る

【感情の化学】『緊張』というもの

 

f:id:jibunnnokara:20190414071125j:plain

 

グループになって『緊張』のテーマで話し合う機会があった

 

わたしが緊張を感じる場面について

  • 初めての人と会話する場面
  • 自己紹介をする場面
  • 自分の意見を話す場面
  • 産業医と面談をする場面
  • 上司と話す場面
  • 会議の場
  • 初めてやる仕事の場面
  • 会議で自分の作成した資料を説明する場面

 

『緊張』それが『期待』に傾くものもあれば『不安』に傾くものもある

『期待』は良い緊張といっていいだろう、一方で『不安』はあまり良くはない

 

「上手く話さないと」「言いたいことをいわなきゃ・・・でも言えない・・・」相手の話を聴かずに自分が言うことばかりを気にしている、自分ばかりに意識が向いている、そういうときは良くはない

受け入れてもらえるかの恐怖、嫌われないかといった恐怖、馬鹿にされないかといった恐怖、そのままの自分でいることへの恐怖、が見え隠れしているか

 

また、コントロールができていないとき、よく分からない、のに緊張している

これが一番嫌である、不安が大きくなる

 

良い緊張とは

自分を含めた、いまの状況に対して、全体的に意識が向いているとき

この時間までやったらゆっくりできる見込みがある、その後は緩和できると思えるときだ

緊張の状態と緩和の状態が上手くバランスがとれたときである

 

「なんとか、まぁ、できるかも!」

「いや、できなくてもいいか!」

「いい経験にもなるし!」

こういった緊張は積極的に味わっておきたい