殻のブログ

自分が変化するための「殻」を破るため自分を守るための「殻」を創る

【お金のこと】自立支援医療制度はリワークでも適用された

f:id:jibunnnokara:20190329105144j:plain

 

自立支援医療(精神通院医療)制度というものがある

ざっくり説明すると、医療費の自己負担が3割から1割になる、更に月の上限自己負担額設定がある

わたしが行ったリワークでも適用された

 

わたしが病気になった後で最初に申請した制度である

おそらくメンタル的な疾患となった場合に、通院を続ける必要が出てきた場合に、一番最初に検討したい制度であると思う

 

 1.目的
通院による精神医療を続ける必要がある方の通院医療費の自己負担を軽減するためである

継続して通院にはお金がかかる

診療、薬の副作用を確認するための採血検査、薬代、デイケア利用など

 

2.適用範囲

  • メンタルクリニック診療
  • 処方された薬(2か所まで)
  • リワーク・デイケア利用

※前もって利用する医療機関を指定する

※医療保険が適用されるものである

※医療保険が適用にならない治療、投薬、診断書費用には適用されない

 

3.自己負担額

通常健康保険は3割の自己負担であるが、本制度により自己負担額が1割となる

世帯所得の市民税に応じてひと月の上限自己負担額が設定される

わたしの場合は上限10,000円/月である

なので、リワークのため週5通所していたときは上限の10,000円で済んだ

※一定の所得以上であると自立支援医療の対象外となる

※法令改正の経過的特例もあり得るので最新の情報を集めておきたい

 

4.申請と更新

申請時には主治医から診断書(自立支援医療用)が必要である

それに役所に申請してから受給者証交付までには2カ月ほど時間がかかった

その間は3割の自己負担であるが、後で差額を払い戻していただけるので領収書はとっておくとよい

 

有効期間は原則1年間なので更新は1年ごと

診断書は2年ごとに提出が必要となっている

 

※もちろん制度の専門家ではございませんので
※情報の過不足、誤り等あることはご承知おきください