殻のブログ

自分が変化するための「殻」を破るため自分を守るための「殻」を創る

【ストレス】の直接的要因は『コルチゾール』

f:id:jibunnnokara:20190326115705j:plain

 

ストレスについてもう少し分解していきたい

 

人は生きていれば常に刺激を受け続けている

しかも、いまは情報化社会、IT機器、人間関係などなど・・・

 

その中で知らず知らずにストレスを受け続けたり

環境の変化に対応していくことが求められる

なので意識的に情報を遮断する時間を持つことは大切だと思う

 

人はストレスを感じると脳の偏桃体が反応し

腎臓の上にある副腎からストレスホルモンである

コルチゾールという物質が分泌されるという

この物質が脳に吸収され、全身の筋肉にエネルギーを送り込むため

心拍数が上昇したり、心拍変動が少なくなる

このコルチゾールが一定量を超えてしまうと

脳にある記憶や感情に関連する「海馬」を破壊してしまうらしい

怖い・・・

 

なぜ、このような機能があるのか?

良く説明を受けるのが、

人類が原始的な狩猟採取生活を送っている中で

獰猛な肉食獣との遭遇で「戦うかor逃げるか」の選択に即座に反応するためである

心拍数を増加させ筋肉にエネルギーと酸素を送り込み瞬発力を発揮できる

戦いの中で負傷したとき出血を一早く止めるためである

 

話はそれましたが、自分がいまどのくらいエネルギーがあるか

どのような状況で、どのくらいの期間、どの程度、エネルギー消費されるか

ということを知っておきたい

 

心拍数はモニタリングしているが、心拍変動もモニタリングしたくなってきた