殻のブログ

自分が変化するための「殻」を破るため自分を守るための「殻」を創る

【リワーク】を受けるにはいくつか条件がある

 

f:id:jibunnnokara:20190320062438j:plain

 

リワークをいきなり受けたいといってもいくつか条件がある

 

1.精神疾患で休職中であること

これは簡単そうだが意外とそうでもない

リワークの受ける期間は3カ月~6か月というある一定の期間を要する

つまり、会社に相談してこの期間の休職を了承していただく必要がある

わたしの会社はリワークを推奨していた

なので事前に会社に相談して休職期間を延長させてもらえた

 

2.主治医の許可

受診している病院とリワーク機関が異なっていたので主治医からの紹介状が必要だった

リワークを受けたい意志を示したら快く主治医は合意して下さった

 

3.リワークを受ける意思があること

少しでもちょっとでも復職の意思があればいいと個人的には思っている

復職に対して不安感、恐怖感はどうしても残っていたからだ

リワークを受ける前に3度スタッフと面談があった

受け入れ側にも受け入れるかの基準みたいなものもあるのだろう

 

4.週3日以上、安定して通所ができること

わたしは通所するまで週1、2しか外に出ていなかった

週3くらい行けると考えていたが、初日の疲労感は半端ではなかった

帰ってからバタンキュー、次の日は寝込んだ

外で過ごす身体の体力もそうだが、集団の中で過ごす心の体力も必要であることを痛感した

 

5.主治医の変更できる方(場所による)

わたしが受けたところがなかったが、場所によってはこの設定があるところもある

主治医を変えるというのは精神的にはキツイと考えている

また一から関係を結んで行かないといけないし、主治医が合うかどうかも分からない

ただメリットもあるのだろう

集団の中で自分の傾向を専門家の方々が見て下さり、病名が変わることもあり得る

双極性障害自閉症ADHDなどなど