殻のブログ

自分が変化するための「殻」を破るため自分を守るための「殻」を創る

【認知療法】とは自分のいまの状態に合わせて『柔軟に思考を選択する』

 

f:id:jibunnnokara:20190316125019j:plain

 

わたしの理解での認知療法とは認知を変えるというものではない

 

『客観的に』と言われたりもするが何だか違う気がする

どういった認知が客観的だと言われても分からないし

客観性を追求したって正解があるわけではない

どうしたって自分の主観からは逃れられないと思ったりもするから

 

『現実的に』と言われたりもする

ちょっと感覚としては近づいてきた

ただ現実は「病気」「休職中」「社会不参加」とか・・・辛くなってくる

 

柔軟なという表現が近いか

もう1本、2本、3本(欲張り)と視点を思考回路を増やして

それを太くしたり細くしたりと調整できるようなイメージ

 

自分のいまの状態に合わせて『柔軟に思考を選択する』

『選択権は自分にあるし、人は対応を選ぶ力を持っている

別にネガティブな思考が悪いというわけではない

 

まだまだ理解が足りていない気もする・・・白黒思考