殻のブログ

自分が変化するための「殻」を破るため自分を守るための「殻」を創る

【健康シリーズ】身体的な側面は『継続的に自分が思うように身体を使えること』

f:id:jibunnnokara:20190314104357j:plain

 

リワークでストレッチのプログラムがあったが自分の身体すら思った通りに動かせない

手を横に広げる動作すらぎこちないことが分かる

 

これまで身体面で健康じゃないときというのは、風邪を引いたとき、筋肉痛になったとき、くらいかな

 

〔風邪を引いたとき〕

熱がある ⇒ 病院で診察を受ける ⇒ 薬をもらう ⇒ 薬を飲む ⇒ 寝る

 

〔筋肉痛になったとき〕

筋肉痛のある個所はあまり負荷をかけない ⇒ 時間が経つと和らいでいく

 

これでなんとかなっていた、と思い込んでいた

 

どの程度、自分の身体を使うことができるかということが基準になってくる

  • イメージを現実に近づけていく作業
  • 現実をイメージに近づけていく作業

自分の身体機能や運動機能を把握し動かしていくことからはじめる

 

いくつかやること

  • 週56000歩(1日平均8000歩)歩く
  • 日々の身体面での疲労度をモニタリングする
  • 週に1度、体重を測る
  • 3カ月に1度の血液検査結果をモニタリングする
  • 年に1度、人間ドックを受ける
  • 事あるごとに腹式呼吸を意識する
  • 背伸びをする

 

機能の回復という視点に立つと、身体面で何らかの刺激をうけたとき、身体が「何とかしなければという反応を起こし、その損傷を減らして時間とともに回復しバランスを維持すること

 

身体面の健康とは『継続的に自分が思うように身体を使えることである

 

そして、身体の機微に意識を向ける

わたしはどうも思考偏重になる傾向がある、なんでも頭で理解しようとする

しかし、本当の理解は、感情は、身体感覚をともなうものということである

どんな感じがする?」