殻のブログ

自分が変化するための「殻」を破るため自分を守るための「殻」を創る

【思考記録表】会社のロビーで会社の人が頻繁に出入りする場面

f:id:jibunnnokara:20190312105836j:plain

 

今後、同じような場面があるのでその時に役立てたい


 

1.具体的な場面

 

2019/XX/XX

会社のロビーで産業医の面談(1回目)時間まで待っているとき

会社の人が頻繁に出入りする場面

 

2.身体反応

 

3.行動の変化

トイレに行く(ただトイレで人に会うこともある)

 

4.気分や感情とその強度(%)と自動思考(考え・イメージ)の結びつき

後ろめたさ(70%)---「みなさん働いている・・・」

焦り(60%)------「話しかけられたらどうしよう?」

 

5.より深い自動思考

 「みなさん働いている・・・のに、わたしは働いていない」

「会社に迷惑をかけている」

 

6.より深い自動思考を検討

 

6-1.自動思考がその通りである事実や根拠(理由)は?

休職中である

働いていれば不要な仕事をして下さっている

 

6-2.自動思考に反する事実や根拠(理由)は?

会社には安全配慮義務があり、社員の健康を確保することを含んでいる

休むということが治療の一環である、と教わる

 

6-3.自動思考を信じることのメリットは?

働いていないこと』=『サボっていると思われたくない 

 

6-4.自動思考を信じることのデメリットは?

働いていること』=『わたしの価値』だと勘違いしてしまう 

 

6-5.その状況で最悪どんなことになる可能性があるのか?

声をかけられて、

 

6-6.その状況で奇跡が起きたら、どんなすばらしいことになるか?

 声をかけられずに、その時間が過ぎる

 

6-7.その状況で現実にはどんなことになるか?

ほとんど知らない人なので声をかけられることはたぶんない 

 

6-8.以前、似たような体験をしたとき、どんな対応をした?

 

6-9.他の人なら、この状況に対してどんなことをするだろうか?

産業医との面談に集中する 

 

6-10.この状況に対して、どんなことができそうか?

声をかけられたら「お久しぶりです、保健指導できています」と答えよう

 

6-11.もし友人Hだったら何と言ってあげたい?

迷惑かけているなんて思っていないよ

 

6-12.もし息子だったら何と言ってあげたい?

周りはそんなに気にしていないよ

 

6-13.自分自身に対して何と言ってあげたい?

次はロビーで待つ時間は少なくしよう

産業医との面談に集中しよう