殻のブログ

自分が変化するための「殻」を破るため自分を守るための「殻」を創る

認知療法

【認知療法】の位置付けはあくまで手段、目的を意識しておきたい

うつ病の治療に認知(行動)療法が効果がある、とよく言われることがあると思う ただ、認知療法、それ自体が目的になってはならない 認知療法は心理学的な手法・技法・スキルであるように手段なだけであって これをサラッとやったから、はい、大丈夫ですよ、…

【認知療法】身体反応を捕まえる

身体反応とは無意識に発生するもの 意識的な行動や活動ではなく勝手に反応するものである 身体反応を止めようとするのではなく身体反応を捕まえるところからやってみる 手に汗をかく 顔が赤くなる 耳が赤くなる なんとなく疲れる 口が乾く ドキドキする(心…

【認知療法】をする上での心構え

わたしは認知療法と聞くと身構えてしまう なぜなら、答えの分からない問いを投げかけ続けるからだ 「その思考は自分にとってどうだということか?どのような意味を持つのか?」 深く底の見えない闇に身を投げ出してみる たいてい何も持って帰れないからだ そ…

【認知療法】とは自分のいまの状態に合わせて『柔軟に思考を選択する』

わたしの理解での認知療法とは『認知を変える』というものではない 『客観的に』と言われたりもするが何だか違う気がする どういった認知が客観的だと言われても分からないし 客観性を追求したって正解があるわけではない どうしたって自分の主観からは逃れ…